2009年06月03日

オゾン発生機ピュレアの販売店について

以前の記事にも書きましたが、インフルエンザが流行して
いる関係で、オゾン発生機ピュレアは売れている状況が
まだ続いています。

ネット通販で探してみても、在庫がなく売り切れ店が
相次いでいます。

あなたも既に探しているのかもしれませんね。

私は、これでもネット通販の上級者だと思っていますので、
ネットサーフィンして、在庫数がある通販ショップを見つけ
ました。

このサイトにリンクがはってあるところがそうです。

オゾン発生機ピュレアの値段は、どこでも同じなんですが、
お店によって特典、送料などに違いがあります。

オゾン発生機ピュレアの場合は、値段がそこそこしますから、
送料がかかかるところはないとは思いますが。

何しろ、ヒットしている商品なので、在庫があったら
早めに購入しておいたほうがいいと思います。

→オゾン発生機ピュレアの購入はこちらから!
posted by danchan234 at 15:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オゾン発生機ピュレアの使い方

オゾン発生機ピュレアは、携帯用なので、衣類に装着
して持ち歩いてもいいし、部屋に置いて使用してもいいんです。

なので、使い方は人によって変わりますが、効果に関しては、
持ち歩こうが、置いておこうが維持されます。

持ち歩く場合、オゾンの効果が得られるのは半径1メートル
以内とされています。

持ち歩くときには、アダプタを外している状態ですから、
オゾンの発生は、0.02ppmと弱めに設定されてます。

また、アダプタにつないで部屋に置いておく場合は、
オゾンの発生濃度は、0.09ppmと自動で設定されます。

重さは85グラムで、6センチほどの小さな機械で、
携帯用のストラップもついていますから、持ち歩くのに
煩わしさは感じないと思います。

オゾンの陰イオンで、周辺をバリアし、粘膜の炎症を
防いで、病気を未然に防いでくれるのです。

→オゾン発生機ピュレアの購入はこちらから!
posted by danchan234 at 15:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オゾン発生機ピュレアの開発者

ピュレアは、工学博士の滝川先生という方が開発した
商品のようです。

従来のオゾン発生機は、海外のメーカーが作られたもの
しかなく、日本の環境には不向きなものでした。

日本独特の風土、例えば湿度が高いことに対応できる
ものでなければ、精密な機械は作動しません。

そこで、先ほども書いた滝川先生と、メーカーが日本に
適したものに改良し、作り出されたのがピュレアなのです。

このピュレア、専門家が作ったとあって、医療機関などにも
実際に使われているそうです。

院内感染が心配な施設、医療機関ではピュレアを身につける、
もしくは置かれているみたいですね。

携帯用にオゾン発生装置の仕組みは、さらなる技術の
発展に向けて今も研究が続いているそうで、医療向けに
活用することが当面の目標とされています。

→オゾン発生機ピュレアの購入はこちらから!
posted by danchan234 at 15:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。